ごあいさつ

教授からのごあいさつGreeting

群馬大学眼科は群馬県とその周辺地域の300万人を擁する中核病院です。現在、加齢黄斑変性を含めた網膜硝子体を専門としつつ、緑内障、角膜、ぶどう膜、斜視弱視、眼形成などの専門外来があります。それぞれの専門分野において手術件数で全国上位に位置しているのが特徴です。特に網膜硝子体手術件数は国立大学で全国1位となっており、第3代清水弘一教授と第4代岸章治教授がその礎を築かれました。フルオレセイン蛍光眼底造影や光干渉断層計といった、革新的な検査機械の導入が初めてなされたのは当教室でした。イメージングを中心とした研究をリードしてきた群馬大学眼科をさらに発展させるのはもちろんのこと、分子生物学的手法を用いた研究もあわせて必要と考えています。従来の臨床力を生かしつつ診療を行い、また魅力ある研究を行うことで眼科に興味を持つ若い医師を育てることを目標としています。地域医療に貢献しつつ、世界に新知見を発信できる活気ある教室を目指します。

教授 秋山英雄

略歴、資格等Biography & Qualification

平成8年5月~現在
日本眼科学会会員
平成12年11月~現在
The association for research in vision and ophthalmology 会員
平成13年10月1日~現在
日本眼科学会認定眼科専門医
平成17年12月~現在
日本網膜硝子体学会会員
平成22年12月24日~現在
日本眼科手術学会会員
平成20年10月1日~現在
日本眼科学会認定眼科指導医
平成24年11月~現在
日本緑内障学会会員
平成26年2月~現在
日本臨床ウイルス学会会員
平成8年4月1日~平成9年9月30日
群馬大学医学部附属病院 医員(研修医)
平成9年10月1日~平成11年3月31日
佐久総合病院 医師
平成14年10月1日~平成14年12月31日
群馬大学医学部 教務員
平成15年1月1日~平成20年3月31日
群馬大学医学部 助教
平成20年4月1日~平成27年2月28日
群馬大学医学部附属病院 講師
平成27年3月31日~
群馬大学医学系研究科脳神経病態制御学 眼科学分野 准教授
平成28年11月1日~
群馬大学医学系研究科脳神経病態制御学 眼科学分野 教授

趣味Hobby

スポーツ観戦、将棋、ゴルフ

教授教室の沿革History

群馬大学医学部は1943年(昭和18年)に前橋医学専門学校として誕生した。この年に日本各地に医学専門学校が設置されている。
初代校長は東京帝国大学を昭和16年に定年退官された石原忍先生で、初代眼科教授は岡村清水先生(昭和18年~21年)であった。石原先生は当時の医専としては不必要なほど広い敷地を確保し、優秀な教授陣を発足当時から迎えた。広かった敷地には、現在、医学科と附属病院の他に保健学科、生体調節研究所、建設中の重粒子線センターがぎっしりと立ち並んでいる。
岡村先生の後は1946年(昭和21年)に青木平八先生が第二代の教授に就任し、26年間教室を主宰された。青木教授時代はトラコーマ、水晶体、網膜色素変性、アレルギー性結膜炎が主な研究テーマであった。この間、昭和25年から39年まで助教授であった仁田正雄先生は群馬大での臨床経験をもとに教科書「眼科学」(文光堂)を書かれた。
1972年(昭和47年)には清水弘一先生が東大助教授から群大の第三代教授に就任された。清水先生は東大時代に「前房隅角図譜」と「Fluorescein Angiography」の著書があり、若くして国際的な存在であった。清水教授時代は教室の方向性は後眼部へとがらりと変わった。フルレセイン蛍光眼底造影、光凝固、眼球の血管鋳型、糖尿病網膜症、FEVR、高安病、硝子体、脈絡膜循環が主な研究テーマであった。この間、教室からは「光凝固」、「Structure of Ocular Vessel」、「糖尿病網膜症」、「レーザー光凝固」、「眼底出血」などの著書が刊行された。清水教授の26年間に、米谷新先生が埼玉医大、岡野正先生が東京医大霞ヶ浦病院の教授として転出した。
1998年(平成10年)に岸章治先生が第四代教授に就任した。岸先生は教室生え抜きであったため、「眼底疾患の群大」という路線は踏襲された。その後、医局員が順調に増加したため、分子生物学、遺伝学、微生物の大学院生をつくり、基礎研究の幅を広げるとともに、臨床面でも、加齢黄斑変性、緑内障、角膜、涙道、斜弱、眼形成の特殊外来を整備し、すべての疾患に対応できるようにした。1997年に第1号機を購入したOCTでは新知見の発見があいつぎ、全教室員が協力して2006年に「OCT眼底診断学」を刊行した。この間、飯田知弘助教授が福島県立医大の教授として転出した。
2016年(平成28年)に秋山英雄先生が第五代教授に就任となった。岸先生の教室運営を引き継ぎ、臨床で地域に貢献するだけでなく、最先端の研究にも力を入れているところである。