診療案内

はじめに

群馬大学と赤城山群馬大学のある前橋市は関東平野の北端に位置しています。関東地方は巨大な人口がある一方、医学部のある国立大学は東京大、千葉大、東京医科歯科大、群馬大の4校しかありません。当講座は、群馬県と隣接する埼玉県や長野県の約400万人の眼科センターになっています。周囲に大学病院やそれに匹敵する眼科センターがないため、あらゆる眼疾患の患者さんが大学に紹介されます。 ここでは先進的な検査及び治療を行っており、年間の手術件数は約1600件で、その大半は網膜硝子体疾患で占められています。このため、臨床研究にはたいへん恵まれた環境にあります。当科の臨床研究は国外でも高く評価されており、眼底疾患に対して、新しい治療法を常に提供しています。医局員は大学に常勤が30人おり、忙しいなかにも国内、国外において学会活動を活発に行っています。

当講座では専門医学臨床研修医(シニアレジデント)の育成にも力を入れております。シニアレジデントは2年間の初期臨床研修の後、2年間大学病院に在籍します。診療後の講義、週2回の症例検討会、週1回の輪読会などがあり、実践的な教育を受けながら、指導医による指導のもと、受持医として患者を診察、手術の助手、執刀などをして行きます。

2年間の大学勤務の後は関連施設での勤務で外来、手術などを更に習得してゆきます。また、大学院進学の道もあります。大学院に進学希望の場合は、基礎教室と連携して分子生物学、生理学、病理学の基礎研究を行うコースと、眼科臨床をしながら臨床研究で学位を取得するコースがあります。学外の医師には日常診療を行いながら、夜間大学院コースも用意されています。大学院卒業後は国外留学や専門的な眼科臨床にもどる選択肢があります。また、当科は眼底疾患の国際フェローシップの受け入れ施設にもなっています。

平成22年3月からは群馬大学医学部附属病院において重粒子線照射施設も設置され、すなわち日常診療から高度先進医療まで、当院が果たすべく社会的使命は裾野の広いものです。当講座が地域・社会に対し一層貢献出来るよう、質の高い診療と高度な研究を推進していく必要があり、このページをご覧頂きました研修医・学生の皆様が上記の目的に向かって我らと共に闘っていってくれるならば何と嬉しく、心強いことでしょうか。

ページのトップへ

スタッフ紹介

教授 岸章治

  • 教授:岸章治
  • 准教授:大谷倫裕
  • 講師:秋山英雄、佐藤拓
  • 助教:池田史子、山口由美子、橋本英明、戸所大輔、山田教弘、堀内康史、下田幸紀

ページのトップへ

入局案内

入局に関しては、出身大学にかかわらず全国から募集いたします。当科のスタッフは、群馬大学だけではなく多くの大学出身者がいます。学閥等は全くない教室ですので、気軽な気持でご連絡ください。病棟回診、カンファレンス、手術見学等をご希望の場合は、日程を調整いたしますので予めご連絡をお願いします。

  • 電話番号

ページのトップへ

関連施設

群馬県内を中心に多数の関連病院があります。

群馬中央総合病院 群馬県前橋市紅雲町1-7-13
済生会前橋病院 群馬県前橋市上新田町564-1
前橋赤十字病院 群馬県前橋市朝日町3-21-36
北関東循環器病院 群馬県渋川市北橘町下箱田740
桐生厚生病院 群馬県桐生市織姫町6-3
利根中央病院 群馬県沼田市東原新町1855-1
総合太田病院 群馬県太田市八幡町29-5
富岡総合病院 群馬県富岡市富岡2073-1
館林厚生病院 群馬県館林市成島町262-1
原町赤十字病院 群馬県吾妻郡東吾妻町大字原町698
伊勢崎市民病院 群馬県伊勢崎市連取本町12-1
藤岡総合病院 群馬県藤岡市藤岡942-1
佐久総合病院 長野県佐久市臼田197
上尾中央病院 埼玉県上尾市柏座1-10-10
宏愛会第一病院 群馬県太田市六千石町99-63
長野中央病院 〒380-0814 長野市鶴賀西鶴賀町1570

ページのトップへ

教室の沿革

群馬大学医学部は1943年(昭和18年)に前橋医学専門学校として誕生した。この年に日本各地に医学専門学校が設置されている。

初代校長は東京帝国大学を昭和16年に定年退官された石原忍先生で、初代眼科教授は岡村清水先生(昭和18年~21年)であった。石原先生は当時の医専としては不必要なほど広い敷地を確保し、優秀な教授陣を発足当時から迎えた。広かった敷地には、現在、医学科と附属病院の他に保健学科、生体調節研究所、建設中の重粒子線センターがぎっしりと立ち並んでいる。

岡村先生の後は1946年(昭和21年)に青木平八先生が第二代の教授に就任し、26年間教室を主宰された。青木教授時代はトラコーマ、水晶体、網膜色素変性、アレルギー性結膜炎が主な研究テーマであった。この間、昭和25年から39年まで助教授であった仁田正雄先生は群馬大での臨床経験をもとに教科書「眼科学」(文光堂)を書かれた。

1972年(昭和47年)には清水弘一先生が東大助教授から群大の第三代教授に就任された。清水先生は東大時代に「前房隅角図譜」と「Fluorescein Angiography」の著書があり、若くして国際的な存在であった。清水教授時代は教室の方向性は後眼部へとがらりと変わった。フルレセイン蛍光眼底造影、光凝固、眼球の血管鋳型、糖尿病網膜症、FEVR、高安病、硝子体、脈絡膜循環が主な研究テーマであった。この間、教室からは「光凝固」、「Structure of Ocular Vessel」、「糖尿病網膜症」、「レーザー光凝固」、「眼底出血」などの著書が刊行された。清水教授の26年間に、米谷新先生が埼玉医大、岡野正先生が東京医大霞ヶ浦病院の教授として転出した。

1998年(平成10年)に岸章治先生が第四代教授に就任した。岸先生は教室生え抜きであったため、「眼底疾患の群大」という路線は踏襲された。その後、医局員が順調に増加したため、分子生物学、遺伝学、微生物の大学院生をつくり、基礎研究の幅を広げるとともに、臨床面でも、加齢黄斑変性、緑内障、角膜、涙道、斜弱の特殊外来を整備し、すべての疾患に対応できるようにした。1997年に第1号機を購入したOCTでは新知見の発見があいつぎ、全教室員が協力して2006年に「OCT眼底診断学」を刊行した。この間、飯田知弘助教授が福島県立医大の教授として転出した。

ページのトップへ

実績

欧文業績(原著論文)

2011.03
Restored photoreceptor outer segment in commotio retinae.
Itakura H, Kishi S.
Ophthalmic Surg Lasers Imaging. 2011 Mar 3;42 Online:e29-31. doi: 10.3928/15428877-20110224-03.
PMID: 21366179 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2011.04
Fundus autofluorescence of elongated photoreceptor outer segments in central serous chorioretinopathy.
Matsumoto H, Kishi S, Sato T, Mukai R.
Am J Ophthalmol. 2011 Apr;151(4):617-623.e1. Epub 2011 Jan 22.
PMID: 21257153 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2011.01
AGING CHANGES OF VITREOMACULAR INTERFACE.
Itakura H, Kishi S.
Retina. 2011 Jan 12. [Epub ahead of print]
PMID: 21233785 [PubMed - as supplied by publisher]
2010.11
Intravitreal bevacizumab for age-related macular degeneration with good visual acuity.
Takahashi M, Sato T, Kishi S.
Jpn J Ophthalmol. 2010 Nov;54(6):565-70. Epub 2010 Dec 30.
PMID: 21191717 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2011.03
Improved visualization of Henle fiber layer by changing the measurement beam angle on optical coherence tomography.
Otani T, Yamaguchi Y, Kishi S.
Retina. 2011 Mar;31(3):497-501.
PMID: 21102368 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2010.09
Inner neural retina loss in central retinal artery occlusion.
Ikeda F, Kishi S.
Jpn J Ophthalmol. 2010 Sep;54(5):423-9. Epub 2010 Nov 5.
PMID: 21052904 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2010.06
Combined photodynamic therapy with verteporfin and intravitreal bevacizumab for polypoidal choroidal vasculopathy.
Sato T, Kishi S, Matsumoto H, Mukai R.
Am J Ophthalmol. 2010 Jun;149(6):947-954.e1. Epub 2010 Mar 26.
PMID: 20346441 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2010.05
Bulbar conjunctival sporotrichosis presenting as a salmon-pink tumor.
Kashima T, Honma R, Kishi S, Hirato J.
Cornea. 2010 May;29(5):573-6.
PMID: 20335807 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2010.02
Protective effect of intravitreal bevacizumab and sub-tenon triamcinolone acetonide against occlusion of choriocapillaris induced by photodynamic therapy.
Mukai R, Kishi S, Sato T, Watanabe G, Matsumoto H.
Ophthalmologica. 2010;224(5):267-73. Epub 2010 Feb 25.
PMID: 20185940 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2010.05
Correlation between visual acuity and foveal microstructural changes in diabetic macular edema.
Otani T, Yamaguchi Y, Kishi S.
Retina. 2010 May;30(5):774-80.
PMID: 19996821 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2010.05
Tomographic features of intraretinal neovascularization in retinal angiomatous proliferation.
Matsumoto H, Sato T, Kishi S.
Retina. 2010 Mar;30(3):425-30.
PMID: 19952990 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2010.02
Restoration of photoreceptor outer segment after vitrectomy for retinal detachment.
Shimoda Y, Sano M, Hashimoto H, Yokota Y, Kishi S.
Am J Ophthalmol. 2010 Feb;149(2):284-90. Epub 2009 Nov 25.
PMID: 19939346 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2009.09
urgically induced posterior vitreous detachment by tearing the premacular vitreous cortex.
Otani T, Kishi S.
Retina. 2009 Sep;29(8):1193-4. No abstract available.
PMID: 19672219 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2009.10
Effect of intravitreal injection of high-dose bevacizumab in monkey eyes.
Sakurai K, Akiyama H, Shimoda Y, Yoshida I, Kurabayashi M, Kishi S.
Invest Ophthalmol Vis Sci. 2009 Oct;50(10):4905-16. Epub 2009 Apr 30.
PMID: 19407010 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2009.08
Intravitreal injection of 0.3 ml of SF6 gas for persistent subfoveal fluid after scleral buckling for rhegmatogenous retinal detachment.
Itakura H, Kishi S.
Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2009 Aug;247(8):1147-50. Epub 2009 Apr 25.
PMID: 19396456 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2009.04
Restored photoreceptor outer segment damage in multiple evanescent white dot syndrome.
Li D, Kishi S.
Ophthalmology. 2009 Apr;116(4):762-70.
PMID: 19344825 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2009.07
Outer nuclear layer thickness at the fovea determines visual outcomes in resolved
Matsumoto H, Sato T, Kishi S.
Am J Ophthalmol. 2009 Jul;148(1):105-10.e1. Epub 2009 Mar 27.
PMID: 19327740 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2008.10
Decreased vitreal hyaluronan levels with aging.
Itakura H, Kishi S, Kotajima N, Murakami M.
Ophthalmologica. 2009;223(1):32-5. Epub 2008 Oct 27.
PMID: 18953185 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2008.10
Restored photoreceptor outer segment and visual recovery after macular hole closure.
Sano M, Shimoda Y, Hashimoto H, Kishi S.
Am J Ophthalmol. 2009 Feb;147(2):313-318.e1. Epub 2008 Oct 4.
PMID: 18835472 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2008.05
Imaging of choroidal hemodynamics in eyes with polypoidal choroidal vasculopathy using laser speckle phenomenon.
Watanabe G, Fujii H, Kishi S.
Jpn J Ophthalmol. 2008 May-Jun;52(3):175-81. Epub 2008 Jul 27.
PMID: 18661267 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2008.01
Elongation of photoreceptor outer segment in central serous chorioretinopathy.
Matsumoto H, Kishi S, Otani T, Sato T.
Am J Ophthalmol. 2008 Jan;145(1):162-168. Epub 2007 Oct 29.
PMID: 18028861 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2008.04
Effects of intraocular irrigation with melphalan on rabbit retinas during vitrectomy.
Shimoda Y, Hamano R, Ishihara K, Shimoda N, Hagimura N, Akiyama H, Kishi S, Kaneko A.
Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2008 Apr;246(4):501-8. Epub 2007 Oct 13.
PMID: 17934752 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2008.04
Resolution of retinoschisis after vitreous surgery in X-linked retinoschisis.
Ikeda F, Iida T, Kishi S.
Ophthalmology. 2008 Apr;115(4):718-722.e1. Epub 2007 Sep 14.
PMID: 17854899 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2007.09
Loss of photoreceptor outer segment in acute zonal occult outer retinopathy.
Li D, Kishi S.
Arch Ophthalmol. 2007 Sep;125(9):1194-200.
PMID: 17846358 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2007.06
Tomographic features of branching vascular networks in polypoidal choroidal vasculopathy.
Sato T, Kishi S, Watanabe G, Matsumoto H, Mukai R.
Retina. 2007 Jun;27(5):589-94.
PMID: 17558321 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2007.08
Tomographic features of serous retinal detachment with multilobular dye pooling in acute Vogt-Koyanagi-Harada disease.
Yamaguchi Y, Otani T, Kishi S.
Am J Ophthalmol. 2007 Aug;144(2):260-5. Epub 2007 May 29.
2007.02
Pathogenesis of macular hole recurrence and its prevention by internal limiting membrane peeling.
Yoshida M, Kishi S.
Retina. 2007 Feb;27(2):169-73.
PMID: 17290198 [PubMed - indexed for MEDLINE]
2007.01
Correlation between optical coherence tomography and fluorescein angiography findings in diabetic macular edema.
Otani T, Kishi S.
Ophthalmology. 2007 Jan;114(1):104-7. Epub 2006 Oct 27.
PMID: 17070586 [PubMed - indexed for MEDLINE]

和文業績(原著論文)

2010.12
疑似的不同視下における眼鏡レンズ外径による不等像視の比較(原著論文)
塚田貴大(群馬大学 医学部眼科学教室), 池田史子, 高橋千里, 坂庭敦子, 田島早苗, 岸章治, 石田香代子
日本視能訓練士協会誌(0387-5172)39巻 Page109-115
2011.03
眼底のcherry-red spotからガラクトシアリドーシスの診断に至った1例(原著論文/症例報告)
北川史子(群馬大学 医学部眼科学教室), 丸山百合香, 山田教弘, 岸章治
眼科(0016-4488)53巻3号 Page359-363
2010.09
網膜細動脈瘤へのベバシズマブ硝子体内注射の効果(原著論文)
鈴木康太(群馬大学 医学部眼科学教室), 横田幸大, 橋本英明, 下田幸紀, 岸章治
臨床眼科(0370-5579)64巻9号 Page1561-1566
2010.09
高度の黄斑浮腫を伴う網膜細動脈瘤の経過中に脈絡膜新生血管を生じた1例(原著論文/症例報告)
村上結香(群馬大学 医学部眼科学教室), 佐藤拓, 堀内康史, 渡辺五郎, 森本雅裕, 松本英孝, 高橋牧, 向井亮, 浅原大典, 岸章治
臨床眼科(0370-5579)64巻9号 Page1555-1559
2010.09
両側後頭葉の脳梗塞により黄斑回避のある両側同名半盲をきたした1例(原著論文/症例報告)
大島美穂(群馬大学 医学部眼科学教室), 遠藤朝美, 鹿嶋友敬, 秋山英雄, 岸章治
臨床眼科(0370-5579)64巻9号 Page1545-1549
2010.07
網膜有髄神経線維を伴う弱視の3例(原著論文/症例報告)
池田史子(群馬大学 医学部眼科学教室), 岸章治
臨床眼科(0370-5579)64巻7号 Page1095-1098
2010.05
ベバシズマブ硝子体内投与により退縮した点状脈絡膜内層症に併発した脈絡膜新生血管(原著論文/症例報告)
浅原大典(群馬大学 医学部眼科学講座), 向井亮, 佐藤拓, 渡辺五郎, 堀内康史, 森本雅裕, 松本英孝, 高橋牧, 村上結香, 袖山博隆, 岸章治
臨床眼科(0370-5579)64巻5号 Page699-706
2009.11
V型からA型に移行した恒常性外斜視の1症例(原著論文/症例報告)
石田香代子(高山眼科), 池田史子, 塚田貴大, 坂庭敦子, 高橋千里, 岸章治
日本視能訓練士協会誌(0387-5172)38巻 Page145-149
2009.11
恒常性外斜視に対するプリズムレンズでの光学的矯正(原著論文/症例報告)
高橋千里(群馬大学 医学部眼科学教室), 池田史子, 坂庭敦子, 塚田貴大, 大平陽子, 岸章治, 石田香代子, 高山秀男
日本視能訓練士協会誌(0387-5172)38巻 Page139-143
2010.02
バイポーラ凝固鑷子による熱凝固の短縮効果を利用した簡便な結膜弛緩症手術(原著論文)
鹿嶋友敬(群馬大学 大学院医学系研究科病態循環再生学講座眼科学分野), 三浦文英, 秋山英雄, 岸章治
あたらしい眼科(0910-1810)27巻2号 Page229-233
2009.07
Vogt-小柳-原田病に類似した漿液性網膜剥離を呈した後天性眼トキソプラズマ症の1例(原著論文/症例報告)
高橋宙(群馬大学 医学部眼科学教室), 板倉宏高, 岸章治
眼科(0016-4488)51巻7号 Page917-921
2009.06
良好な経過をたどった尿細管間質性腎炎・ぶどう膜炎症候群の2例(原著論文/症例報告)
黛豪恭(群馬大学 医学部眼科学教室), 秋山英雄, 海野朝美, 高橋京一, 平戸純子, 岸章治
臨床眼科(0370-5579)63巻6号 Page897-901
2009.02
外斜視に網膜剥離が併発した2症例の治療経過(原著論文/症例報告)
池田史子(群馬大学 医学部眼科学教室), 高橋千里, 坂庭敦子, 岸章治
眼科臨床紀要(1882-5176)2巻2号 Page170-174
2008.08
光線力学的療法に伴う脈絡膜循環障害に対するトリアムシノロンアセトニドの緩和作用(原著論文)
向井亮(群馬大学医学部附属病院 眼科), 佐藤拓, 堀内康史, 渡辺五郎, 森本雅裕, 松本英孝, 岩崎明美, 高橋牧, 岸章治
眼科臨床紀要(1882-5176)1巻8号 Page791-795
2008.08
HRAのインドシアニングリーン造影による病的近視の単純型黄斑部出血の検討(原著論文)
松本英孝(群馬大学 大学院医学系研究科病態循環再生学講座視覚病態学分野), 佐藤拓, 堀内康史, 渡辺五郎, 森本雅裕, 岩崎明美, 向井亮, 高橋牧, 岸章治
眼科臨床紀要(1882-5176)1巻8号 Page785-790
2008.07
巨大裂孔網膜剥離に対するパーフルオロカーボン併用硝子体手術の治療成績(原著論文)
田村真理(群馬大学 医学部視覚病態学), 鹿嶋友敬, 岸章治
眼科手術(0914-6806)21巻3号 Page393-395
2008.05
多発消失性白点症候群における視細胞層の変化(原著論文)
李丹傑(群馬大学 医学部眼科学教室), 前嶋京子, 岸章治
臨床眼科(0370-5579)62巻5号 Page753-758
2008.04
Purtscher網膜症の網膜断層像の経過(原著論文/症例報告)
細貝真弓(群馬大学 医学部眼科学教室), 秋山英雄, 岸章治
臨床眼科(0370-5579)62巻4号 Page527-532
2007.10
2型脈絡膜新生血管様灰白色病変を呈した中心性漿液性網脈絡膜症の3症例(原著論文/症例報告)
岩崎明美(群馬大学 大学院医学系研究科病態循環再生学講座視覚病態学分野), 佐藤拓, 堀内康史, 渡辺五郎, 須藤功治, 岸章治
日本眼科紀要(0015-5667)58巻10号 Page605-610
2007.10
ポリープ状脈絡膜血管症と中心性漿液性網脈絡膜症のインドシアニングリーン蛍光造影所見の比較(原著論文)
向井亮(群馬大学 医学部眼科学講座), 佐藤拓, 堀内康史, 渡辺五郎, 岸章治
日本眼科紀要(0015-5667)58巻10号 Page600-604
2008.03
網膜血管腫状増殖に対するbevacizumab併用光線力学的療法の治療効果(原著論文/症例報告)
松本英孝(群馬大学 大学院医学系研究科病態循環再生学講座視覚病態学分野), 佐藤拓, 堀内康史, 渡辺五郎, 森本雅裕, 向井亮, 小川淳司, 岸章治
臨床眼科(0370-5579)62巻3号 Page335-345
2007.09
レーザースペックルフローグラフィが診断に有用であった眼虚血症候群の1例(原著論文/症例報告)
鹿嶋友敬(群馬大学 大学院医学系研究科視覚病態学分野), 岸章治
臨床眼科(0370-5579)61巻9号 Page1669-1675
2007.09
網膜剥離手術後の復位網膜の光干渉断層像と視機能(原著論文/症例報告)
柴田佐和子(群馬大学 医学部眼科学教室), 小池智明, 岸章治
臨床眼科(0370-5579)61巻9号 Page1653-1658
2007.04
レーザー光凝固術後に脈絡膜新生血管を発生した中心性漿液性網脈絡膜症の特徴(原著論文)
羽生田直人(群馬大学 大学院医学系研究科病態循環再生学講座視覚病態学分野), 森本雅裕, 佐藤拓, 堀内康史, 渡辺五郎, 松本英孝, 岸章治
日本眼科紀要(0015-5667)58巻4号 Page210-218
2007.07
粘液分泌性の虹彩嚢腫による続発緑内障の1例(原著論文/症例報告)
小池智明(群馬大学 医学部眼科学教室), 岸章治
臨床眼科(0370-5579)61巻7号 Page1317-1319
2007.07
眼窩蜂巣炎にて失明に至った2症例(原著論文/症例報告)
徳倉美智子(上尾中央総合病院 眼科), 野田聡実, 戸所大輔, 森本雅裕, 渡辺五郎, 岸章治
眼科(0016-4488)49巻7号 Page985-990
2007.04
眼圧変動に伴う眼底局所血流変化のレーザースペックル法による検出(原著論文)
鹿嶋友敬(群馬大学 大学院医学系研究科視覚病態学分野), 李丹傑, 岸章治
日本眼科紀要(0015-5667)58巻3号 Page162-165
2007.05
視力良好な滲出型加齢黄斑変性に対するトリアムシノロンアセトニド後部テノン嚢下注入(原著論文)
高橋牧(群馬大学 医学部眼科学教室), 佐藤拓, 堀内康史, 渡辺五郎, 森本雅裕, 松本英孝, 野田聡実, 徳倉美智子, 岸章治
臨床眼科(0370-5579)61巻5号 Page779-784
2007.03
黄斑外の毛細血管瘤に由来する糖尿病性漿液性黄斑剥離(原著論文)
高橋京一(群馬大学 医学部眼科学教室), 岸章治
臨床眼科(0370-5579)61巻3号 Page343-349
2007.04
網膜血管腫状増殖に対するトリアムシノロンアセトニド併用光線力学的療法(原著論文)
松本英孝(群馬大学 大学院医学系研究科病態循環再生学講座視覚病態学分野), 佐藤拓, 堀内康史, 渡辺五郎, 森本雅裕, 野田聡実, 岸章治
臨床眼科(0370-5579)61巻4号 Page519-524

ページのトップへ