眼科研修

眼科研修について

特徴

眼科入局後は専門分野を選び研究グループに所属しますが、群馬大学眼科では網膜硝子体疾患を初めとして眼科のあらゆる分野を扱っており、各専門分野の先生方の指導の元、眼科診療全般を研修します。眼底疾患(糖尿病網膜症、網膜剥離、加齢黄斑変性など)、緑内障、角膜疾患、斜視・弱視、眼窩・眼形成など様々な疾患に対応できることが群馬大学眼科の特徴の一つであり、群馬大学眼科で研修する大きな利点といえます。

診療体制、手技の習得に関して

卒業後2年の初期研修では眼科の専門知識を学ぶ機会はあまりありませんが、眼科の診察は眼底検査、細隙灯顕微鏡検査など特殊技能の習得が必要であり、手技を一から覚えなくてはなりません。当科での後期研修の大きな特徴としましては、入局後すぐに外来にでることが挙げられます。まずは1日1人の初診患者さんを受け持ち、診察・検査を上級医の指導のもと行います。当科では外来は2診制になっており、後期研修医の診察の後に教授、助教授、講師の先生の診察があります。そこで後期研修医は診察所見のチェックを受けることになり、所見の取り方、自分の思い違いがないかどうか等がフィードバックされることになります。このことが群馬大学眼科で研修する大きな利点です。更に、外来終了後には各指導医の先生方から疾患、手技などに関して講義があり、ここでも基本的な手技、知識を定着させることができます。

外来当番、病棟当番について

群馬大学眼科では、外来・病棟の担当が月ごとにローテーションし、2,3ヶ月に1回程度、病棟の担当になります。病棟では手術患者を担当します。最初は機械の名前を覚えるところから始まり、手術の機械出し、助手などをしながら無理なく、眼科手術に慣れていきます。また、斜視手術や白内障手術の執刀も徐々に担当していきます。病棟患者の全身的な周術期管理では初期研修の経験が生かされ、主体となって参加します。

外勤、収入、後期研修終了後に関して

眼科に入局後数ヶ月は以上のように大学病院で眼科疾患の診察、治療、手術を習得します。入局後、半年くらいすると週1,2回の関連病院での外勤がありますので収入に関しても特に心配ありません。大学病院に2年間勤務して眼科医として基本的な診察、手術手技を習得した後に関連病院勤務になります。関連病院では外来業務を行いながら、白内障手術や外眼部手術など更に習得して行きます。関連病院勤務時も大学病院からのバックアップ体制は万全なので安心して勤務することができます。

皆さんとともに働けることを楽しみにしています。

ページのトップへ

研修期間・内容

後期専門研修 1年次

大学病院で研修 外来患者診察、レーザー治療、手術室業務、手術助手、斜視手術、白内障手術基本、臨床連続講義、症例検討会、眼病理論読会、地方学会発表

後期専門研修 2年次

大学病院で研修 外来患者診察、レーザー治療、斜視手術、白内障手術基本、症例検討会、眼病理論読会、全国・国際学会発表、論文作成

後期専門研修 3年次

関連病院で研修 一般臨床、レーザー治療、白内障手術・外来小手術習熟

後期専門研修 4年次

関連病院で研修 一般臨床、レーザー治療、白内障手術・外来小手術習熟

後期専門研修 5年次

大学病院で研修 外来患者診察 難治白内障手術、緑内障手術、専門学会発表

後期専門研修 6年次

大学病院で研修 外来患者診察 難治白内障手術、緑内障手術、専門学会発表 日本眼科学会専門医試験受験

ページのトップへ

専門研修による医師キャリア形成システム

お問い合わせはこちら